洋裁 how to

ぞうのミニバッグの作り方

ぞうのミニバッグ1と2の両方をダウンロードして下さい。二枚を貼り合わせて使用します。

■説明がわかりやすいようにミシン糸の色を変えたりしていますが、基本は土台と同色で縫ってください。
■裁断前に全工程の作り方に目を通されてから裁断をすることをお勧めします。

ぞうのミニバッグの作り方

型紙をプリントし、底の部分を貼り合わせ、カットする。
印刷の際表示されるダイアログの「用紙サイズに合わせてページを縮小・拡大する」のチェックは必ずはずしてください。
表、裏各一枚、ひもは縫い代込みで6cm×30cmで裁断してください。
型紙は縫い代が付いています。

表生地は刺繍をしますので、その間にリネンのような生地だと生地端がほつれてきてしまいます。
1cmくらい余分につけて裁断しておくのがおすすめです。

片面のチャコペーパーを型紙と生地の間に敷いて、ボールペンでなぞり、図案を写します。

こんなかんじです。
あまりくっきりとはうつらなくても、完成時に線が残ってしまうよりは、薄いくらいがいいです。

りんごは3本どりのチェーンステッチ、その他は3本どりのアウトラインステッチで刺繍します。

一度アイロンをかけ、余分につけておいた分を切り落とします。

持ち手の付く位置は印を付けておきます。

持ち手を作ります。
まず、半分に折ってアイロンをかけます。

それから、2cm幅のアイロン用型紙を間に挟み、縫い代分を折り込みます。
アイロンは向こうから自分の方へ折り返すように使うと、とても作業がしやすいです。(アイロン使いの基本です。)

こんなふうに、厚手のカレンダーなどでいろいろな幅の型紙を作っておくと、あらゆる場面で役立ちますよ!私にとっては必需品です。

持ち手にミシンをかけます。
これはコバ押さえという、コバステッチ専用の押さえです。これを使うと、ダーっと縫っても、必ずまっすぐに縫えるすぐれものです。

表と裏の脇をそれぞれ1cmの縫い代で縫います。
裏は一箇所、返す用にあけておきます。

持ち手を縫う時や、こういうチェックの生地を縫い合わせる時、どうしても下になる側がミシンで向こうに送られて、上側が押さえで手前に押され、ずれてしまいがちです。
チェックの場合、ほんの気持ち程度、柄をあらかじめずらしておきます。
ヒモの場合などは、下側を手前に引きながら縫うといいですよ!

持ち手が縫いあがり、表、裏の脇も縫い合わされ、各パーツ出来上がりました。

表、裏の脇も縫い代をアイロンで割ります。

表の生地を、表返します。
端は目打ちで引き出してください。

持ち手を仮止めします。

ミシンで口の部分を合わせます。脇の縫い代をマチ針で合わせて留め、ぐるりと縫います。

口の縫い代をアイロンで割ります。
こんな風に、こまめにアイロンを使うと、仕上がりに差が出ますよ!

返し口から表返します。
口の部分をアイロンで押さえます。
表側に裏生地が出てしまわないように、裏生地を気持ち程度控えてアイロンをあてます。

口の部分に、コバステッチをかけます。

裏生地の返し口をかがって完成です!

分かりづらいところがありましたら、メールにてご連絡ください。個別でのフォローは出来ませんが、HPの説明文を補足するなど、対応させていただきます。

関連記事一覧