プロフィール

自己紹介

1977年生まれ あっという間の41歳。(2019.7現在)
小さい頃から物を作ることが大好きで、洋服が大好き。デパートなんて目がキラキラしちゃって、こんな所で売られる洋服を自分も作りたい!ということを子どもの頃からよく考えていました。ミシンの音にゾクゾクしちゃうくらい大好きでした。
小学生から高校生までは一般的には変わっているであろう農業主体の生活を送りました。親に反発できずにイヤイヤでしたが、今振り返るとその頃の経験はとても貴重なものです。今、自宅の庭で野菜を育てていますが、農業がこんなに癒しだとは知らなかったです。嫌々やっていたので、野菜の育て方が全然わかりません。

その後、オーダーメイドのお店で縫製を教わりました。実際の縫製を天職にしている方から直に教わることができたので、今となっては一財産。同時に文化服装学院の通信教育を受講。
それからエスモード・ジャポン総合科に入学。3年間、課題に追われて辛くて、でもとっても個性豊かな人たちの集まりで面白かったです。
3年間での一番の学びは、自由!ということでした。「服づくりの基本」みたいなことで頭ガチガチだったのを解いてもらいました。
その間アルバイトで衣装の制作会社でイベント衣装やテーマパークの衣装制作など経験しました。華やかな世界でした。
卒業後、(株)ポップインターナショナルにデザイナーとして勤務。夢が叶った大都会一等地のアパレル会社勤めのはずが、会社員生活にどうにも馴染めず、約3年で退職。自分勝手なので向いていなかったんだと思います。

2004年 退職後、オサンポドッグの名称で犬服作成の個人の活動をスタート。
おまけで当時友人から頼まれて作ったりしていた入園グッズのお店もスタート。
当初はおまけのはずでしたが、小さいキャンバスに可愛いもの詰め込むということが自分にぴったりでした。
2010年 ラパンルージュに名称変更して入園グッズ作りに専念することに。
2013年 pop up dressブランドスタートし、結成当初から縫製部門担当させてもらっています。
2015年 自宅にてソーイング教室スタート。信頼している占いの先生から、「教える」ということが今世での私の使命だと言われたことがきっかけです。
2019年 気付けば太りすぎて、服なんて着られればなんでもいいやという考えの、もはや洋服好きでもなんでもないオバちゃんになってしまいました。

ですが20年間自分がかけてきた洋裁の仕事には自信と誇りを持っていますし、これからも洋裁を通して人と繋がっていけるような仕事をしていきたいと考えています。

子どもは一番上が中学生、一番下が小学2年生の娘ばかりの4人です。

テキトウだいたいが身についてしまっていて、何事もどうにかなるかなで済ませてしまう悪いところがあり、ちゃんと連絡するということが出来ていない事が多々ありますので、抜けてるなという時は遠慮なくせっついてください。
一方で曲がった事が大嫌いなので、やらせていただくお仕事に関しては、超ド真面目にお受けいたします。

lapin rouge is…

 専門学校に通っていた頃、恩師の惠理さんが描かれて見せていただいた「赤いウサギ」の絵本。
「とくしげさぁ~ん、いつか刺繍で表現してよぉ~」なんて言っていただいたのがきっかけでいつかいつか・・・といつもその赤いウサギが私の心の片隅で待っています。
 惠理さんいわく「徳重さんの作品は・・・手の祈りよ!」
 
 手の祈りを赤いウサギに込めて・・・あたたかな手から生み出される作品を作り続けていきたいという思いから名づけました。